設計から完成まで

1:お問合せ~初期打ち合わせ

新築、リフォームなどのお考えをお伺いします。

その後、土地・法規等の調査を踏まえ、図面・スケッチ・模型等を作成し、プラン提案をします。

2:設計契約

プラン提案後、設計を継続する場合は、設計業務委託契約を結んで頂きます。

契約に進まないという場合は、プラン提案作成料(10万円)を申し受けます。(設計契約に進んだ場合、設計料に含みます。)

3:基本・実施設計図作成

打ち合わせを重ねながら、プラン、材料、構造、設備について最終案を決めていきます。

4:工事金額見積り

実施設計図を元に工事会社が工事金額を出します。

5:見積り調整・確認申請・工事契約

ご予算と工事金額が合わなかった場合に、変更できる部分を検討し、金額の調整をします。金額確定後、工事会社と工事契約を結びます。建築確認申請もこの時期に提出します。

6:着工

確認申請済証が発行後、着工します。現場で工事の進捗・内容について確認をし、ご報告します。

7:竣工

完了検査、施主検査の合格後、引き渡しとなります。   

設計監理料について

お問合せ、初期のご相談等は無料ですが、

建築設計・工事監理の業務に進んだ場合、「設計監理料」が発生しますので

平成31年国土交通省告示98号の業務内容に基づき、見積り書を作成します。

(設計監理料は建築工事費の10%を目安としています。)

※新築物件で延べ床面積20坪以下の場合、最低設計料として240万円(税別)とさせて頂きます。

※設計ではなく、調査のみのコンサルティング料については調査内容・期間によって

 見積り書を作成します。

※上記設計料に

・構造設計を必要とする場合の構造設計料

・確認申請、中間・完了、他各種検査手数料、

・地盤調査・測量費用

・遠隔地の場合の交通費実費、

等は含みません。

設計料の支払い方法について

原則として4回に分けてお支払い頂いています。

・設計契約時:20%

・実施設計終了時:30%

・上棟時:30%

・竣工時:20%